水質とコストの比較(ペット・ガロン・クラシヤ)

水道水以外の水を飲用するのが近年主流となっています。

ペットボトルやウォーターサーバーなど水を利用する方法が多種多様になりました。

しかし、それぞれ安全性も違えば、かかるコストも大きく違います。

どうせなら安全性が高く、低コストのものを選びましょう。

以下では、

ペットボトルウォーター・ウォーターサーバー・浄水器(クラシヤ)のコストと安全性についてそれぞれを比較しまとめています。

 

ボトルウォーター(ペットボトル)

500ミリペットボトルの水の定価は1本約100~200円、2リットルペットボトルは1本約200~400円でスーパーなどに設置されている自販機等によっては、1リットルあたり50円を下回ることもあり、割と安価で購入できます。

しかし、

スーパーなどの自販機の衛生管理や品質管理の実情は決して好ましいものではありません。

さらに、

国内飲料メーカー製品の多くの水は清涼飲料水と表示されてます。ここが落とし穴なんです。

水道水の飲料水適合基準が51項目に対しミネラルウォーターとして販売するには、たったの18項目しかありません。

つまりペットボトルの水は良い水と思いがちですが最低限のろ過・殺菌処理しかされておらず万一採水地が、環境ホルモンや放射性汚染物質などで汚染されている場合、安全性が十分に確保されているとは決していえません。

ウォーターサーバー(ガロンボトル)

 

一般的なウォーターサーバー(宅配水サービスを利用)の価格は、水1リットルあたり100~200円と意外と高価です。

水の価格以外にも、ウォーターサーバーのレンタル料、設置料、入会金、解約金、メンテナンス料金などがかかる場合もあります。

その為、せっかくサーバー水を契約しても高コストの面で節約をし料理等にはあまり使わないケースが多い様です。

また、ウォーターサーバー水も、構造上外気に触れる事やずさんな管理体制で安定した水質ではない業者や採水地によっては環境ホルモンや放射性汚染物質などで汚染され、安全性が十分に確保されているとはいえません。

実際、某人気キャラクターがCMのサーバーの水質を調べた所、日によってTDSの値が

1~70ppm以上のひらきが確認されました。

クラシヤシリ~ズ(RO浄水器)

クラシヤは初期投入金額(レンタル・購入)は、2.5万~数十万円かかる製品もあります。

浄水器本体の価格以外にも、設置工事費やフィルター代(メンテナンス)がかかります。

(レンタルの場合月々4800円~の定額《各フィルターメンテ代含む・設置工事費別》)

しかし水道代は1リットルわずか0.2円~0.7円と低コストで採水地に影響されず

安定した品質の高い水が得られます。

仮に1日/10リットル、月/300リットル使っても60円~210円と非常に経済的です。

一般成人必要水分量が1日3リットルと言われてますが様々な環境下もあり解り易く1リットルで計算しました。

(金沢市上下水道料金に基づく)

 

上記、各水の説明・コスト計算表でもわかる様に圧倒的に浄水器を導入した方が安く安心出来るお水が確保出来ます。

短期的に水の価格だけを考えると、ボトルウォーターが安く済むように思われがちですが、人間にとって水は必要不可欠です。

長期的に使用することを考えれば、

コスト、ゴミ問題、なによりご家族が飲む水の安全性を考慮し、浄水器が一番お得といえるのではないでしょうか? 

お得に安全な水を利用するなら、やはりRO浄水器(クラシヤ)がおすすめです。